ひがし東京夜間救急動物医療センター

FAQ

一般編

休みは何日もらえますか?
 
当院は正社員の場合、2週間で5日休みが取れます。
連休は取れますか?
 
取れます。要望に沿って取る事も可能です。
試用期間はどれくらいですか?
 
3ヵ月となります。
有給はいつから、何日支給されますか?
 
入社して半年後から10日/年が支給されます。
ボーナスはありますか?
 
夏季、冬季の年2回あります。
昇給はありますか?
 
契約更新時、面談をして決めます。
交通費や住宅手当は支給されますか?
 
交通費は上限15,000円、交通費がかからない場合には住宅手当として15,000円が支給されます。

獣医師編

1日の残業時間はどれくらいですか?
 
閉院時間ギリギリの来院などでは30分~1時間程度になることが多いです。重症患者に対する入院治療時の残業だと、翌朝かかりつけ病院へ転院するまで病院に残るので、6~7時間程度と長くなります。残業代はもちろん支給されます。
月の残業回数は?
 
状況により様々ですが、翌朝まで入院治療が必要なケースだと、目安として獣医師一人当たり、平均4~5回くらいです。短時間の残業を含めると月に5~10回程度になると思います。
どんな手術が多いのでしょうか?
 
異物誤飲・腸閉塞、腹腔内出血、帝王切開、胃捻転、子宮蓄膿症の手術が多いです。
外科は苦手だが大丈夫でしょうか?
 
現場で経験を積んでいけば大丈夫です。できない場合は他の獣医師がサポートします。
内視鏡の操作をしたことないが大丈夫でしょうか?
 
手術と同様、何度かやっていくうちにコツをつかめると思います。内視鏡による異物摘出症例は多いので、経験も多く積むことができます。
犬猫の診療経験しかないが、大丈夫でしょうか?
 
当院は犬猫の他、ウサギ・フェレット・ハムスターの診療を行っています。経験が無い方は勉強しながら少しずつ診療に慣れて下さい。

看護師編

1日の残業時間はどれくらいですか?
 
約1時間~7時間程です。患者さんの重症度合で長時間残業になる事もあります。
月の残業回数は?
 
正社員の場合は短時間残業と長時間残業を合わせて、約5回~10回程です。
看護師が任される検査はどのようなものになりますか?
 
血液検査、尿検査、糞便検査などです。
救急に自信が無い、どう動いていいかわからないのですが、大丈夫でしょうか?
 
救急を学びたいと思う気持ちがあれば、現場で仕事の流れを覚え、成長していけると思います。