ひがし東京夜間救急動物医療センター

スタッフからのメッセージ

獣医師 宮坂 卓

2012年  日本大学大学院獣医学研究科卒業
2014年~2018年 長野県動物病院勤務
2018年~ ひがし東京夜間救急動物医療センター勤務

求人情報 ひがし夜間救急動物医療センターの画像005

■ 夜間救急だからこそ感じるやりがいと学べること

求人情報 ひがし夜間救急動物医療センターの画像006 来院される症例としては外傷から心不全、呼吸不全などと多様であり、日中の一般診療同様あらゆる知識が必要です。ただし、問診→検査→治療といった通常のプロセスで進められないような、緊急度の高い症例に多く遭遇できます。ときには状態の安定化のために、治療から開始しなくてはいけないこともあります。まずは何を優先して行うべきか、そういった判断力は日々の経験から身に着ける必要があると考え、常に意識しております。

■ 診察で心掛けていること

求人情報 ひがし夜間救急動物医療センターの画像007 動物の状態を改善することは勿論のことですが、飼い主様の不安を和らげられるようにと心掛けています。飼い主様としましても、動物と一緒にいる時間が持てる夜だから、些細な変化にも気づくことが多いようです。飼い主様が安心して朝までお休みできるように、まずは動物の安定化、そして納得していただけるように十分にご説明させていただきます。

■ ひがし東京夜間救急動物医療センターを選んだ決め手は

地方では夜間診療の動物病院は普及しておらず、私が以前いた長野県にも夜間診療の動物病院はありませんでした。最終的には長野県で夜間病院を開業することを目標として、そのノウハウを勉強させていただいております。夜間診療に特化したこの病院で、しっかりと勉強したいと思い、勤務を志願させていただきました。

← スタッフからのメッセージ 一覧へ